猫目の気まぐれ

2013年11月24日

ありがとうWinamp

winamp

さよならWinamp、16年の歴史に幕。来月でダウンロード終了&サイト閉鎖 - Engadget Japanese

たぶん10年前の2004年だったと思う。
ハンゲームというゲームサイトのチャットルームでインターネットラジオに出会った。

当時は日本のインターネットラジオはWinamp一択だった。
ネットラジオの方法は、WinampとShoutcastというソフトを使って配信する。
ShoutcastもWinampの開発元Nullsoftが配布していた。

当時Winamp+Shoutcast以外でもネットラジオはできたけど不安定だしタイムラグも酷くて使い物にならなかった。それに比べてShoutcastはタイムラグも少なく安定していてみんなWinamp+Shoutcastで配信していた。
Windows98でも安定して動ぐらいに軽かった。
配信だけじゃなくてWinampでラジオを聞くとタイムラグが少ないからリスナーもWinampを使っていた。

だからネットラジオで知り合った人はみんな音楽プレイヤーがWinampだった。

Winampをインストールすると音楽ファイルが全部稲妻マークになっちゃって、そのときに拡張子関連付けというものを知った人も多かった。
mp3エンコーダーを使うソフトは、mp3エンコーダーをWinampのProgramフォルダからコピーしてくださいってのもあった。
新しいバージョンが出ると、Winamp日本語化バッチが出るまでバージョアップ待機したりしていたのに、Winamp自体が日本語に対応して喜んだりもした。

Winampが配布終了しても現行バージョンで不満はないから終わった実感もないけど、Winampがなかったら日本でネットラジオが流行ってなかったかもしれないし、ネットラジオに出会ってなかったらネットにハマることもなかったかもしれない。ネットにハマってなかったら今の僕は全然違っていたのかも。そう考えるとWinampの影響は自分にとって結構大きいものだった。

なんかダメダメな文章になっちゃったけど、ありがとうWinamp!



posted by 猫目 at 02:10 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。