猫目の気まぐれ

2011年08月04日

同じネタの2つの記事を考察する。

hatena_FREELY TOMORROW.png

この前動画ネタの記事を書きました。

こちら
約11時間で10万再生達成! 人間のような歌声の『VOCALOID』動画 - ガジェット通信



そのあとにはてなブックマークニュースで書かれていた同じネタの記事が良い記事と感じたので
自分の記事と比較しながら考察します。



その記事がこちら
初音ミクが人間のように歌う、オリジナル曲「FREELY TOMORROW」がすごい - はてなブックマークニュース

mixiニュースで日記119件も書かれて、mixiで話題になっていました。


僕の記事
約11時間で10万再生達成! 人間のような歌声の『VOCALOID』動画 | ニコニコニュース
ニコニコニュースに配信され、ニコニコ動画ユーザーで話題になりました。

僕の記事はmixiニュースにも配信されましたが反応はさっぱり。
何がこの違いを生んだのだろうか。

記事は大事なことから先に書かれていく。
ということが王道だと思います。
最後まで読んでくれるとは限らないからです。
これを元に記事を見ると、どのような思いで書いたか見えてきます。


まず僕の記事から解説。

多くの記事はタイトルと記事の一行目に、記事の全てが書かれています。

タイトル
「約11時間で10万再生達成! 人間のような歌声の『VOCALOID』動画」

記事の1行目
ニコニコ動画のVOCALOID動画で、『VOCALOID殿堂入り』の最短記録を大幅に更新する動画が登場した。

記事のメッセージ性として
“『VOCALOID殿堂入りの最短記録の話”
となっています。「約11時間で10万再生」と書いたのは、「10万再生=殿堂入り」なので
タイトルからも殿堂入りの記事だとわかる人には分かるようにしました。


次に段落で分解します。

1段落
動画が話題

2段落
『VOCALOID殿堂入り』の説明

3段落
最短記録のデーター解説
それと動画の内容紹介。

4段落
コメントのリアクション

これが僕の記事の構造です。


殿堂入りの最短記録の記事なので
2段落目に『VOCALOID殿堂入り』の説明をして、知らない人にも分かりやすいよう意識しました。
理解したうえで3段落目の『VOCALOID殿堂入り』詳細へという流れです。


はてなの記事 文はあおきめぐみさん。

タイトル
「初音ミクが人間のように歌う、オリジナル曲「FREELY TOMORROW」がすごい」

記事一行目
「ボーカロイド「初音ミク」が“人間のように歌う”オリジナル曲が、ニコニコ動画やはてなブックマークで話題になっています。」


記事のメッセージ性として
「初音ミク」が“人間のように歌う”
というのが強く出ています。

段落で分解。

1段落
動画が話題

2段落
動画の詳細、いかに人間らしいかがメイン

3段落
作者の紹介、作者のメッセージ引用


“調教”という言葉を“調整”にしているあたり、あまり知らない人に向けて分かりやすく書かれている印象です。「VOCALOID」という表現より、「初音ミク」のほうが一般的でキャッチーだと感じました。イメージもしやすいですね。
動画の再生数に関しては、2段落目の最後にもっていってるあたり、再生数記録より動画内容をメインに取り扱っています。
初音ミク『FREELY TOMORROW』|mitchie M
の制作者のブログをしっかりチェックしています。


どのユーザーを意識したかの違いが、どこで話題になりやすいか。
という違いに繋がったのではないかと思います。


短い記事ですが、凄くコンパクトにわかりやすくまとまっています。短い文章のほうが読みやすく長い文章より簡単そうですが、短く分かりやすい記事はセンスと経験がものをいうと思ってます。


僕の記事投稿時間が
08月01日 03時15分

はてなブックマークニュースが
08月01日 17時22分

という時間差もあり、書いているタイミングが違うので内容が変わるのはあたりまえですが、
こうして比較すると面白いですね。

作者のコメントを追加したりとよく配慮された読みやすい記事でした。
僕もこんなスッキリ読みやすい記事を書けるようになりたいです。
posted by 猫目 at 00:05 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック