猫目の気まぐれ

2011年02月11日

Windows版「Google Chrome 9」がアップデートでFlashサイトで日本語入力できるようになりました。

chrome_hikari.gif


2011年02月04日より公開された「Google Chrome 9」(バージョン9.0.597.84)で、Flashサイトで日本語入力ができないという問題が発生していましたが、新しく公開されたWindows用「Google Chrome 9」(バージョン9.0.597.98)では問題が改善されFlashサイトで日本語入力が可能になりました。
Mac版「Google Chrome 9」では日本語入力の不具合はまだ改善されていません。


「Google Chrome」は自動アップデートなのでブラウザを再起動するだけでアップデートは完了するので、すでに最新版にアップデートが完了している人も多いかと思います。


Google Chromeのバージョン確認方法
「Google Chrome」のバージョンは、Chromeウインドの右上にある設定アイコンをクリックして、「Google Chromeについて」を選択することで確認できます。
google_chrome_ver_check.png


不具合対策で設定を変えていた人は設定へ。
ここで、バージョンが 9.0.597.98 となっていれば問題が改善されているバージョンです。
Google_chrome_ver_check2.png


Windows版「Google Chrome 9」(バージョン9.0.597.84)における不具合に困った人で
「Google Chrome 9」のFlashで日本語入力できない症状の対策方法。: 猫目の気まぐれ

こちらの記事に従いGoogle Chromeに統合されているFlashPlayerを無効にした人は、不具合が改善されたので設定を元に戻してもFlashサイトで日本語入力が可能になります。


FlashPlayerがGoogle Chromeに統合されている理由
セキュリティに問題があってFlashPlayerのバージョンアップがあったときでも、安全にFlashPlayerを使えるように自動で最新のFlashPlayerにアップデートするためです。

そもそも他のブラウザはスタンドアローンのFlashPlayerを使っており、さらに最新版へのアップデート通知機能がついているので
「Google Chromeに統合されているFlashPlayerを無効」の状態が危険な状態というわけではありません。
ただし、Google Chromeに統合されているFlashPlayerが無効のままだと自動アップデート機能の恩恵を受けれないため、戻すことをお勧めします。
タグ:googlechrome
posted by 猫目 at 22:53 | 神奈川 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185457282

この記事へのトラックバック