猫目の気まぐれ

2011年01月30日

頑張っているのに嘆く人。

9529616_5f6b3657f2.jpg
photo by rselph

世の中、頑張っている人はたくさんいる。
というよりは、きっとすでにみんな頑張っている。


「頑張る」
という行為は、なんであれ無条件にポジティブなことだ。

だけど、たまに頑張っているのに嘆いてる人を見ることがある。


今その人がいる場所は、今まで頑張ってきた過去があるからこそなのに
なぜその今を嘆いているのだろうかと不思議に思う。


僕より頑張ってる人が、嘆いているのはおかしい。


頑張って不幸だと思うなら頑張らないほうがいい。
そうなると、矛盾が生じる。
だから、不幸じゃなくて

「幸せになりたい人」

という人なんじゃないか。


それじゃ、頑張っているのに嘆いてしまう「幸せになりたい人」がいて
その人に「頑張れ」って言えるだろうか。



耳をすませばの月島雫の台詞の一つ
「自分よりずっと頑張ってるやつに頑張れなんて言えないもん」


もう頑張っている人に、もっと頑張れっていうわけだから。
頑張ってる人がいても自分より頑張っている人なら「頑張れ」って言うよりも

頑張っているのに嘆く人がいたら、


「頑張っているね」


って言うようにしている。

気持ちとしては「頑張れ」と言うのと変わらないのだろうけど
自分がもし頑張っていたら、「頑張れ」と応援されるより
「頑張っているね」
と言ってもらえたほうが嬉しい。


もうみんな頑張っているのだからね。
posted by 猫目 at 23:50 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その言葉と一緒に頭ナデナデすると嬉しいらしいです。
Posted by at 2011年01月31日 20:35
ナデナデかー!いい情報ありがとうございます!

Posted by 猫目 at 2011年02月04日 02:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183249696

この記事へのトラックバック