猫目の気まぐれ

2010年12月27日

アウトプットすることはストックすること。

a0960_000672.jpg

ストックの才能 - マボロシプロダクト
http://d.hatena.ne.jp/si-no/20101225/1293243785



才能を測る一つの基準として「材料をストックする習慣が身につけているか?」っていう点がある。

天才的な速度で作品を作り上げてしまう人を見て、「敵わないなー」って思ってしまうときもあるのだけれども、そういう人のほとんどは「脳みその冷蔵庫」に入った材料を解凍して、それで手早く作品を作ってしまう。

脳みその中で材料が寝かせられることで風味が良くなっている場合もあるし、慌てて材料を集め始める人よりも何倍も調理に時間を費やすことができるので、最終的な品質が高くなる傾向がある。



凄い納得した話でした。

インターネットラジオをやっていると、よくこんなに喋れるなーって人を見かけます。
でも何回か聞いているとパターンが見えてきて、そのパターンに沿ってトークしていたりすることがある。

コミュ力が高い人ってのは、そのへんのストックが凄く豊富なのだと思う。


しかし、いざストックされたものをアウトプットしようとするとそれがとても難しい。
情報や技術をストックしていくことは大切だが、同時にストックしたものをアウトプットする才能というものも必要だ。


「材料をストックする習慣」だけでなく「材料をアウトプットする習慣」
も同時に必要なんだろう。

アウトプットする技術をストックしていくわけだ。


絵を描くことはアウトプットで、絵を描き続けると技術がストックされていく。


つまりは、吐き出し続けることはストックし続けていることになる。


なんとも妙な言い回しになってしまった。
今月僕が毎日ブログを書き続けているのは、アウトプットしていながらストックしている作業なのだ。

そう思えるとブログを書き続けるモチベーションが保てると思いました。
posted by 猫目 at 00:39 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック