猫目の気まぐれ

2012年03月10日

僕が東日本大震災で変わったこと。

m_201103101313434d784ff77fb9c.jpeg

いつでもできることが、明日できるとは限らない。


言葉ではわかっていても、いつかやろうと先延ばしにしてしまうことは多い。
それが東日本大震災によって、できることはできるうちにやらないといけないと僕の中で強く意識するようなっった。



2011年3月10日
東日本大震災の前日、僕は箱根にいました。
いったところは「星の王子さまミュージアム」
「星の王子さまミュージアム」に行くという話は、前日友人とSkype通話中に決まった突発旅行だった。
その友人のいつか行ってみたい場所の一つで、凄い楽しそうだった。僕も凄い楽しかった。

そのときのツイートはこちらです。
http://twilog.org/necome_00/date-110310


翌日

2011年3月11日
東日本大震災が起きた。


震災によって、しばらく箱根の「星の王子さまミュージアム」へは行けなかったと思う。
その友人とは、昨日行ってよかった。という話しをした。


こんなことはとても些細なことだと思う。
しかし、いつでも行けると思って「明日いこう」と言っていなかったら
今も「星の王子さまミュージア」へは行けてなかっただろう。


これをきっかけに

行けるものは行けるうちに行こう。
興味が少しでもあったらすぐ行こう。
できることはやろう。

そうやってこの一年間いろいろなところにした。


いつか行きたいと思った色んなイベントにいった。
いつか出たいと思った冬コミに出展した。
いつか会いたいとおもった人に会った。

少しでも興味あるものは何でも参加した。

もし東日本大震災が起こってなければ、この一年こんなに活動的ではなかった。


これから毎年、3月10日と3月11日はこの経験を思い出し続けるのだと思う。


もし関東大震災が起これば、いつでもできたことがもうできないことへ変わる。
僕はやりたいことをできるだけ残さずにいることも、震災対策の一つだと考えている。
posted by 猫目 at 09:00 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする