猫目の気まぐれ

2010年12月26日

ニコニコ動画で人間の顔をなくした作品

Mask1_xenia.jpg
photo by enia

Ohnuma Sound Lab. blog  年の瀬・歌い手・ボカロ界隈・これからの活動
http://komonodfkdfk.blog19.fc2.com/blog-entry-16.html

記事一部抜粋

最近「ミリしら」というのが一部で人気であります。
「1ミリも知らない〜」みたいなのの略で、「曲を全く知らない」と言う設定で、カラオケに対して自作の歌詞とメロディをのっけて歌うわけです。
<中略>
本当にいい歌詞だと思うなら、本当にいいメロディだと思うなら、それを大事にするはずなんです。
そういうことをせずに、曲名だけそのままに、歌詞やメロディをすっかり変えて、あたかも「俺もアーティスト!」みたいな顔でアップされると言うのは、作詞者・作曲者に対する一種の冒涜ではないでしょうか?

有名歌い手の皆さんは大体、有名Pが曲を出したり急に伸びる曲があったりすると、その曲をこぞって歌います。
「感動したので」という免罪符を説明文に入れて、みんな揃って歌います。
ひどい人になると、毎回毎回説明文に「今回は感動して、○○を〜」とかタイトルに「感動して」という言葉を入れたりします。
本当にそうなんでしょうか?

無論、そういう「歌ってみた」を許容しすぎたこのボカロ界隈にも多少の責任はあると思います。
ボカロから音楽活動をはじめた人も多く、そういう人たちは「他の人が歌ってくれた!」と手放しで喜んでしまう状況になる場合が多いからです。
それが結局ハイエナ行為の横行になる事も気づかずに…



ニコニコ動画でボーカロイドで曲を公開する人と、その曲を歌って公開する人の間には
大きな溝があるみたいです。

この原因は、
その作品の先に人間の顔をイメージできているのか。

ではないでしょうか。

ニコニコ宣言
第四宣言 ニコニコはネットサービスをユーザと双方向につくりあげる作品として提供します

「人間の顔をした作品としてのネットサービスがわれわれが目指すものです。」

とあります。


ニコニコ動画は動画コミュニケーションサイトです。
動画とその動画につけられたコメント。そしてそこから派生して新たな動画ができます。
それらをもって、ユーザー同士がコミュニケーションをすることにより
今まで新しい文化を生み出してきました。

そのなかで、ボーカロイドというジャンルは幅広い分野に影響を与えてきました。

レーベルから発売されてる曲は、権利違反だけどボーカロイド作品は全部フリー。
無料で公開しているのだから、自由に使っていい。

と思われているのが僕が感じる印象です。


ニコニコ動画は動画コミュニケーションサービスなので、二次利用または三次利用はごく当たり前に行われています。
だけど、その使っている作品の先には必ず人がいることを忘れている人が多いと思います。
無料で公開されていたからって、自由に使っていいという意味ではないのです


今回紹介した記事は、コメント欄が凄く荒れています。
そのコメントの先に人がいることをちゃんと理解しているのでしょうか。


人間の顔がないコンテンツは存在しません。


コンテツを作った人が笑顔になっているのか泣いているのかというのは、
人によって捉え方が違うので難しいことです。

でも、その先に人間の顔があることは忘れてはいけません。


料理を作ってくれた人の目の前で、その料理に唾を吐く。

それと同じことをしていないか、考える必要があると思いました。


権利について、ニコニコ動画で新たな問題が露出した記事だと思います。
記事を書いた人は、多くのアンチや叩きに睨まれ、それに真正面から向き合わなければいけない。

僕も似た経験があるけど、それって凄く体力使うんですよね。

でも、彼の記事は多くの人に読まれてみんなが考えるきっかけになったのは確かです。
少しでも広めようと、記事にしました。
posted by 猫目 at 00:36 | 神奈川 | Comment(7) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。