猫目の気まぐれ

2010年12月23日

日本通信がおこづかいで持てるスマートフォンをSIMフリーで販売。

IDEOS   おこづかいで持てるスマートフォン。.png

日本通信がモバイルIP電話サービス開始、Androidスマートフォン IDEOS も投入
http://japanese.engadget.com/2010/12/22/ideos/

IDEOSはAndroid 2.2を採用したHuawei製のスマートフォン。仕様は2.8型・240x320解像度ディスプレイ、320万画素カメラ、microSDHCスロット、GPSなど。イー・モバイルではPocket WiFi Sと、モバイルルーターあつかいになっているやつです。SIMロックフリー仕様で、テザリングも可能。買い切りなので、本人確認や何年縛りといった契約もありません。同社オンラインストアでは、10日間だけ定額データ通信が可能なb-mobileSIM U300が付属して、2万6800円。データ通信を継続するならb-mobileSIMを更新するかたちになります(月額2980円、1年まとめてだと2万9800円)。




データ定額が3000円以下ってのは安い。
しかも一年まとめてだと「2万9800円÷12ヶ月=一ヶ月約2483円」
ただし回線は300Kbps制限

microSDHCスロット搭載なので、最大32GBまで拡張できるってことだ。
microSDHCは8GBぐらいなら2000円以下で購入可能だ。

動画や音楽プレイヤーとしても十分つかえると思う。


他社用に2年間として考えてみよう。
本体価格2万6800円 二年払いだったら
「2万6800円÷24ヶ月=一ヶ月約1116円」

通信費2483円+本体1116円=一ヶ月に強引計算3599円

4000円をきった。通話をするには月額490円必要で10円/30秒だということだが、二台持ちなら関係ないね。

中国のメーカー、Huawei Technologies(華為技術、ファーウェイ)
という名前は聞きなれないが(少なくとも僕にとって)、結構日本になじみのある企業だった。

まず、言いたくなる。

ファーウェイ!ファーウェイ!
ファァァァァァ・・・・・ウェイ!!

格闘ゲームの戦闘開始の掛け声のようにいうと元気でる。

ごめんなさい。


ファーウェイ - Wikipedia
を見ると分かりやすい。

ケータイからメールで送った画像を表示するフォトフレームは
ドコモもソフトバンクもファーウェイ製だ。

イー・モバイルとソフトバンクのUSB型のデータ通信機もファーウェイ製。
PocketWifiもだ。
ファーウェイ製のAndroidはソフトバンクから来年発売予定だ。


アップル - iPod touch -が 8GB 2万900円 32GB 2万7800円
と考えると、本体価格2万6800円でアンドロイドが買えるのは安いのかもしれない。
ちなみにPSPR「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000) モンスターハンターポータブル 3rd ハンターズモデルは希望小売価格 19,800円(税込)だ。



なぜ他のAndroidスマートフォンと比べないかというと、実質いくらとかで比較しにくい。
あと値段を把握してない。だからだ!

PCや携帯用の外部モデムとして使うことができるデザリングが可能なので、そこはちょっと注目しておきたい。携帯会社のAndroidは特殊な抜け道を使えばできるような噂を聞いたけど真意は不明。

auがAndroidを8円で売ってたりした気がするけど、OSの件で揉めていたので忘れておこう。

デザインカラーは結構おしゃれだと思うし、販売後のレビューに期待大だ。

最後にもう一度。
ファーウェイ!
posted by 猫目 at 04:35 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする