猫目の気まぐれ

2010年12月10日

コミュニティサービスから読み取るLIVE配信の盛り上がり

inosisi.jpg
■[net]ネットサービスの移り変わりとユーザーの意識
http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20101207/p1

という記事が面白かった。
これをもとにLIVE配信コミュニティの盛り上がりについての考察を書いていく。


重要なワード

アーリーアダプター early adopter / アーリーアドプター / 初期採用者/ 初期少数採用者  新しい商品やサービス、技術や知識、ライフスタイルなどが登場したとき、早い段階でそれを購入・採用・受容する人々(層)のこと。 http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/earlyadapter.html

ネットではこの層が最初にサービスに参加して、サービスを盛り上げていく。
そして

ネット上で楽しい場所、盛り上がっている場所というのは、ユーザー層の移り変わり、話題の持続、他の類似サービスの台頭でどんどん移り変わって行くのは過去の歴史の通り。
<記事より抜粋>


とあるとおりそこにいる層は移り変わっていくのだ。


だから「面白い人が面白いことをする」→「面白いから凡人が集まってくる」→「住み着いた凡人が居場所を守るために主張し始める」→「面白い人が見切りをつけて居なくなる」→「残った凡人が面白くないことをする」→「面白くないので皆居なくなる」という法則にTwitterは該当しない気がする。less than a minute ago via web


と津田さんも言っている。twitterが例外な点は僕も同意。
ただ、このいっている法則は今回の僕が言いたいことに重要な部分である。

ではやっと本題だ。




まず結果を言うと

「ユーザーの配信がクオリティ高いものを維持するためには、壁が必要。」

逆に言えば、簡単にできるようになればなるほどクオリティは低下する傾向にある。
と考えている。

僕は2004年ぐらいから、インターネットラジオにはまりLIVE配信のコミュニティの歴史を少しは見ている。
そこはハンゲームのチャットだった。チャット上でラジオをやるのが流行っていたのだ。

昔のLIVE配信は自分で配信サーバーを用意するしかなかった。
仕組みが分かればたいして難しいことではなかったけど、この難しそうという「壁」が一種のフィルターとなり
配信まで遭ぎ着けた意欲の高い人だけが配信が出来た。
意欲が高いだけあってクオリティも高かった。
逆に誰かに設定をやってもらってできた人は、あまり面白くなかった人が多かったしすぐに消えていった。

そして、ライブドアが運営する「ねとらじ」が登場したときのこと。
これは今までの自鯖よりポート開放がいらない分、とても簡単に配信ができた。
そうなると、一気にネットラジオをする人が増えたがその分全体的なクオリティは低下していった。

ライブドアねとらじを使ってるラジオはあまり面白くない。
という法則が古参のなかで出来上がった。

ちなみに、今ではハンゲームのチャットでネットラジオのチャット部屋はほとんどない。


面白くない放送が増えると、アーリーアダプターが他の場所に消えていく。それによってさらにユーザーも減る。
ただし、新規参入の数が消えてった数より多い状態の場合は表に出にくく、せいぜい
「昔のほうが面白かった。」と懐古厨といわれる人たちが嘆くだけだ。

ただし、この状態が続けば自然とそのサービスのユーザークオリティは下がり続けて
どんどんつまらない配信が増えてくる。
そうなると、参入数より消えていく数が上回り、
結果、過疎がうまれる。

過疎ったあとはどうなるか。

一概に言えないけど。
「過疎状態」が一種の壁となり、過疎でも配信し続ける放送が残り一定数のクオリティが高い配信は残り続ける状態に移ると思う。
ユーザー数は少ないので、サービスとしては寂しい状態だ。

これは他のコミュニティでも言える話しかもしれないが、LIVE配信コミュニティで重要なのは配信クオリティという点が少し違う。

配信方法をとても簡単に、凄くわかりやすくすればユーザーが増えるが
それは、つまらない配信を増やすことにもなる。
なのである程度、「配信するのに壁がある。」状態が必要でその壁を越えたユーザーだけが
配信できる状態を維持すれば、クオリティも高く維持できるのではないかと考える。


これはニコニコ生放送でも同じことが起こっていると思う。
当初は放送できる数が限れており、それによって放送開始するまで長い順番を待たなければならず
それがフィルターとなり意欲の高い人が多く放送していた。
しかし、今ではすぐに放送できるようになり面白くない放送も増えた。


人が移動するには様々な理由があり、一概にコレ!とは言えないけど、一つの見方という感じでお願いします。

追記
この記事何が言いたいの!ってツイッターで言われたので言っておくと。

クオリティ下がると盛り下がるのでそのサービスの盛り上がりが低下する流れの解説。
posted by 猫目 at 00:27 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする